News

Special
2017.05.10
【チーム特集・第1回】「座右の銘は“精神一到何事か成らざらん”」No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500/佐藤勝之総監督

【チーム特集・第1回】「座右の銘は“精神一到何事か成らざらん”」No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500/佐藤勝之総監督の画像

我々のチームを紹介しましょう! SUPER GT監督一問一答 第1回

No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500/佐藤勝之総監督

2017年のSUPER GTには45チーム(台)もの魅力あるチームが参戦しています。超有名なチームもあれば、目新しい今年から参戦する新しいチームありますね。J SPORTSの中継やGTプラスで垣間見るチームは、真面目で真剣だったり、明るい雰囲気だったり、それぞれ個性が違ってみえます。
でも、そんな中継によく登場するチームでも、皆さんが知らないことがあるはず。チーム名やゼッケンの由来や、チームの雰囲気とか。そこで、SUPERGT.netのスタッフが、各チームの監督、総監督、代表にずばりチームの秘密を聞いちゃいます!

 

第1回は、2016年のGT500クラスチャンピオンであるNo.1 DENSO KOBELCO SARD LC500の佐藤勝之総監督です。
それでは、あなたのチームのこと、教えてください!

 

Q:車両名、チーム名、お答えいただく方を教えてください。

ゼッケン1。
マシンはDENSO KOBELCO SARD LC500(デンソー・コベルコ・サード LC500)。
チーム名はLEXUS TEAM SARD(レクサス・チーム・サード)。
総監督の佐藤勝之(さとう・かつゆき)です。

 

Q:チームをひとことで表現するか、キャッチフレーズをつけてください。

銀鱗躍動。
一人一人がキラキラと輝きを放っている、という意味です。

 

Q:チーム名(会社名)に由来があれば、教えてください。

株式会社サードは、トヨタ自動車株式会社第7技術部(モータースポーツ部門)から独立した創業者の加藤眞が1972年に設立したコンストラクターの草分け、シグマオートモーティブに由来します。
社名のサード(SARD)は、「Sigma's Advanced Reserch & Development」の略です。設立当初、国内で人気を集めていた富士グランチャンピオンレース用にオリジナルシャシー「シグマGC」の開発・供給を始め、それを更に進化させた「シグマMC73」を開発。国産オリジナルマシンとして日本で初めて1973年「ル・マン24時間レース(フランス)」に挑戦いたしました。

 

Q:チームの結成の年、SUPER GT初参戦のことを教えてください。

チームの設立は1973年です。
SUPER GTの前身の全日本GT選手権(JGTC)に1994年から参戦開始ですから、今年で24シーズン目ですね。
1994年の車両はTOYOTA SUPRAで、ドライバーはジェフ・クロスノフでした。

 

Q:SUPER GTに参戦するにあたり、参戦の意義と目標を教えてください。

「ハード面でもソフト面でも常に挑戦し続けて勝利を狙う」という姿勢を怠らない社是をまっとうする。

 

Q:チームのドライバー2人の良いところを紹介してください。

○第1ドライバー:ヘイキ・コバライネン選手
沈着冷静であるが内に秘める闘争心は激しい。またコース上でも普段も常に紳士的。 常に自分の走りを客観的に分析してロガーなどで解析して勉強を怠らない向上心が強いです。

 

○第2ドライバー:平手晃平選手
持ち前の明るさでチームを引っ張るムードメーカー。ドライビングの引き出しも増えてきて、旬の脂ののったGTドライバーです。

 

No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500

 

Q:現在のゼッケン番号の由来や意味を教えてください。

今年のゼッケン1は、GT500クラスのチャンピオンナンバーです。
通常使用しているゼッケン39は、すべての方への感謝の思いがこもった“サンキュー”を意味してます。

 

Q:マシンやスタッフウエア等に使用するチームカラーはありますか?

チームカラーは赤、青、白のトリコロール。
この赤と白を基調としたカラーリングは、1974年ル・マン24時間レースに挑戦2年目のシグマMC74に施されて以来、チームにとって伝統的なカラーリングです。
デンソー様に加え、神戸製鋼所様がスポンサーを開始した2012年から赤、青、白のトリコロールカラーを採用しています。

 

Q:シーズン中盤戦のことです。ラスト数周でトップを走行中、ドライバーがタイヤの酷い振動を訴えてきました。タイムはさほど落ちておらず、ピットインさせると表彰台は無理に。
監督として、ピットインさせますか、させませんか? その理由は?

ピットインさせます。
危険な気配があるなら、一か八かの博打(ばくち)はしません。

 

Q:チームを運営するにあたり、モットーや座右の銘などあれば教えてください。

精神一到何事か成らざらん。
連覇へ向け、精神を集中して努力すれば、どんなことでも成し遂げられないことはない。ということです。

 

Q:チームを応援してくれているファンの皆様にメッセージをお願いします!

ファンの皆様、いつも御声援を頂き誠にありがとうございます。
今シーズンも最後まで激しく厳しいレースとなると思いますが、ゼッケン1をまとうチャンピオンに相応しい走りをお見せできればと思います。
また、シーズン終わりにはいつも熱い声援を送ってくれるファンを、再び笑顔で一杯にしたいと思います。

 以上、No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500の佐藤勝之総監督でした。

次回の『我々のチームを紹介しましょう! SUPER GT監督一問一答』は …
GT300クラスの2016年チャンピオン、No.25 VivaC 86 MCの土屋武士監督です。
お楽しみに!

 

 

《 プレゼント 》

LEXUS TEAM SARDからプレゼント!

LEXUS TEAM SARDクリアファイル(1名様)

 

 

この連載企画でチームからいただいチームグッズを
【SUPER GTオフィシャルモバイルサイト】会員の方1名様に抽選でプレゼント致します!
詳しくは【SUPER GTオフィシャルモバイルサイト】の“GT監督一問一答!”に今すぐアクセス!

Page Top