News

Race Report
2018.09.16
Rd.6 決勝GT500:波乱を克服してRAYBRIG NSX-GTが今季初勝利! バトンは歓喜の初優勝!!

Rd.6 決勝GT500:波乱を克服してRAYBRIG NSX-GTが今季初勝利! バトンは歓喜の初優勝!!の画像

第6戦 スポーツランドSUGO:決勝 GT500レビュー

2018 AUTOBACS SUPER GT 第6戦『SUGO GT 300km RACE』の決勝レースが9月16日、宮城県のスポーツランドSUGO(1周3,704m×81周)で行われた。GT500クラスはポールポジションのNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が優勝。元F1ワールドチャンピオンのバトンにとっては、うれしい初勝利となった。GT300クラスもポールポジションのNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が、実質のトップを譲ることなく完勝してみせた。

 

□決勝レース  天候:晴 | コース:ドライ | 気温/路面温度 スタート:26度/37度 > 30周:28度/38度 > 60周:26度/33度

 

 

 

■RAYBRIG NSX-GTとカルソニックIMPUL GT-Rが好バトル

 予選日のぐずつきが嘘のように、好天に恵まれた決勝日のスポーツランドSUGO。宮城県警察の白バイ5台とパトロールカー1台によるパレードラップ、そしてフォーメーションラップを経て決勝レースはスタートした。気温26度/路面温度37度と、想定していたよりも高い温度で、前日の予選で使用したタイヤとのマッチングは微妙。トップを行くNo.100 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴も「タイヤのムービングでペースが上げられなかった」とレース後にコメントしているが、序盤の順位変動はないままレースは淡々と進行していた。

 2番手を走行していたNo.12 カルソニック IMPUL GT-R(ヤン・マーデンボロー)は、9周目にNo.8 ARTA NSX-GT(伊沢拓也)に先行を許すも、19周目には再び12号車が前に出て2番手に浮上。12号車はその後23周目にトップを行く100号車をパスして、レースをリードすることとなった。

 そして27周目終わりにNo.1 KeePer TOM'S LC500(ニック・キャシディ)が、このレース最初のルーティンのピットイン。その後各車がピットインを始め、上位では、2番手を走行していた100号車は34周終わりでピットイン。トップを走る12号車と3番手を走行していた8号車は38周まで引っ張ってピットインする。

 

 

■トップを行くRAYBRIG NSX-GTのバトンがコースアウトでヒヤリも

 ピットアウトしたNo.12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹)は、No.100 RAYBRIG NSX-GT(ジェンソン・バトン)の前に無事にコースイン。しかし、4周前にタイヤ交換を終えていた100号車のタイヤは温まっており、アウトラップの12号車はまだ冷えた状態。100号車はハイポイントコーナーでインに並び、これをパスして実質トップに浮上。全車がルーティンのピットワークを終えると、トップは100号車、それに12号車、No.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀)と続いた。

 45周目の最終コーナーでマシンの不調から12号車が単独オーバーラン。これで100号車から離されることになり、3番手を走る8号車がその後ろに迫る。8号車はペースの上がらない12号車を57周目の1コーナーで捉えて2番手に浮上した。しかし、100号車は10秒以上先。これでホッとしたわけではないだろうが、この周に100号車のバトンが最終コーナーでGT300マシンを抜こうとして、思わずコースアウト。幸いすぐに復帰できたが、誰もがヒヤリとした瞬間だった。

 

 

 レース終盤の67周目、GT300クラスのマシンがSPコーナーでコースアウトし、イエローフラッグが出されFROが出動することとなった。しばらくはアンダーグリーンで走行が続けられたものの、午後3時35分に車両救出のためセーフティカーが導入されてしまう。トップを行く100号車の大きな貯金は、これですべて帳消し。一方、ペースが悪かった12号車には救いのセーフティカー・ランとなった。
 75周目にリスタートすると、100号車がトップを守り、8号車が僅差で猛追するスリリングな展開に。そして12号車はNo.16 MOTUL MUGEN NSX-GT(中嶋大祐)との3番手争いとなった。だが、残り6周の超スプリントレースは77周目に1号車(平川亮)が4コーナーでコースアウトし、80周目にはNo.64 Epson Modulo NSX-GT(ベルトラン・バケット)が最終コーナーでコースアウトと、2個所で追い越し禁止のイエローフラッグが出されてしまう。100号車を攻略しようとした8号車には、難しい状況だった。
 これでNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が、真っ先にチェッカーを受け、No.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)が2位。Honda NSX-GTのワン・ツー・フィニッシュとなった。3位にはSNo.12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー)が逃げ切り。LEXUS LC500勢ではNo.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)の5位が最高位となった。

 

 

 ジェンソン・バトンはSUPER GT初優勝。山本尚貴は2015年第6戦SUGO以来4回目。チーム国光は8回目の勝利となった。
 この優勝で山本/バトン組はドライバーズランキングを61ポイントとして、トップとなる。同2位には49ポイントで野尻/伊沢組、3位に今回はノーポイントだった平川/キャシディ(47ポイント)となり、次戦、第7戦オートポリスを迎えることになる。

 

 

 

クルマのことならオートバックス

Page Top