News

Race Report
2021.05.04
Rd.2決勝速報:NSX-GTとGR Supra、4台の激闘!Astemo NSX-GTが接戦を制す。GT300はSYNTIUM LMcorsa GR Supra GTが優勝

Rd.2決勝速報:NSX-GTとGR Supra、4台の激闘!Astemo NSX-GTが接戦を制す。GT300はSYNTIUM LMcorsa GR Supra GTが優勝の画像

第2戦 富士 : 決勝速報

 

 2021 AUTOBACS SUPER GT第2戦『たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE』の決勝レースが5月4日(火・祝)午後、静岡県の富士スピードウェイ(1周4,563m×110周)で行われた。GT500クラスはNo.17 Astemo NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)が、好タイミングのピットインからトップに立ち、後半の追撃を凌いで優勝した。GT300クラスはNo.60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT(吉本大樹/河野駿佑)が優勝を果たした。

前日に続く五月晴れの下、午後2時30分に500kmの決勝レースがスタート。ホールショットを奪ったのは予選2位のNo.8 ARTA NSX-GT(福住仁嶺)。ポールポジションのNo.19 WedsSport ADVAN GR Supra(宮田莉朋)は1周で6位まで後退。そして3周目に入った、No.23MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)にマシントラブルが発生し、ストップしたためセーフティカーが導入される。そのリスタートでNo.36 au TOM'S GR Supra(坪井翔)がトップに浮上した。その後、36号車と8号車がトップを争う構図となり、30周目を過ぎたあたりから1回目のピットインが始まる。そして、このタイミングでフルコースイエロー(FCY)が出たことでトップ争いに波乱が生じる。FCYが出る直前にピットインに入ったNo.17 Astemo NSX-GT(塚越広大)が幸運を得て、一気にトップへ。39周目にピットインした36号車は、約5秒の先行を許すことになった。さらに17号車(ベルトラン・バゲット)はそこから徐々にギャップを広げていった。

レースは折り返しを過ぎ、トップの17号車は60周目には2位に約15秒差とギャップを広げる。あとは2回目のピットインを問題なくこなせば優勝が見えてくる。その2回目も68周目と、17号車は15台の中で最初に動いた。そしてタイヤ交換にやや手間取った17号車は、78周目にピットインした8号車(福住)とバトルとなり一時トップを明け渡す。だが8号車は黄旗中にGT300クラスを追い抜いたことでドライブスルーペナルティ。また同じく終盤トップ争いに加わってきた36号車(坪井)は98周目にトラブルでいずれも戦線離脱。最後はNo.14 ENEOS X PRIME GR Supra(山下健太)とNo.37 KeePer TOM'S GR Supra(平川亮)に迫られるが、辛くも逃げ切って今季初優勝を掴み取った。2位は前戦優勝のNo.14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)、3位はNo.37 KeePer TOM'S GR Supra(平川亮/阪口晴南)。NISSAN GT-R NISMO GT500勢ではNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手晃平/千代勝正)の5位が最高位だった。

 GT300クラスの序盤は、ポールポジションのNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(山内英輝)が逃げるが、No.55 ARTA NSX GT3(佐藤蓮)とNo.60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT(河野駿佑)が追いかける展開に。その後、最初のピットインでタイヤ無交換作戦を敢行したNo.52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)がトップとなるが、終盤にマシントラブルで脱落。その後ろで61号車(山内)を抜いた60号車の河野がトップとなり、僅差で逃げ切ったNo.60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT(吉本大樹/河野駿佑)が優勝。2位にはNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT、3位にはNo.55 ARTA NSX GT3(高木真一/佐藤蓮)が入った。

 

 

 

 

優勝選手コメント

 

 

GT500クラス

No.17 Astemo NSX-GT
塚越広大
「昨日は予選を僕が失敗して、決勝最初のスティント(走行)も速さを見せられず、流れを引き寄せられなかった。でも、チームの判断ですごく良いタイミングで(最初の)ピットインができてトップになれました。その後バゲットも順位キープしてくれて。僕も最後、みんなの後押しもあって(後続からのプレシャーに)堪えられたと思います。これはチーム力の勝利です。次は僕自身も速さを見せて勝ちたいと思います」

 

ベルトラン・バゲット
「僕のスティントでは、チームの戦略と判断が良くて上手くトップでコースに戻れました。この後はタイヤ選択も上手く行きました。本当に嬉しい勝利です」

 

 

GT300クラス

No.60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
吉本大樹
「昨年はSUPER GT全般で若手が活躍する中で、苦しいシーズンで(河野)駿佑が結果を残せませんでした。今年は戦える環境になったと思ったら、早くも優勝できて本当に駿佑には良かったと思います。今年はGR Supra GTになりましたが、チームもクルマを仕上げてくれて最高でした。一度代えたのですが今年また快く受け入れてくれたダンロップさんが、素晴らしいタイヤを用意してくれました。でも、52号車がトラブルだっただけに、今後はもっともっと強くなって勝ちたいと思います」

 

河野駿佑
「(初優勝で)嬉しくて泣きそうです…。チームが用意してくれたクルマのセットと、ダンロップさんが持ち込んでくれたタイヤが良くて、いいペースで走れて、バトルも粘ることができました。最後は(前のクルマを)抜くこともできた。そういう中で勝てたので本当によかった。嬉しいです」

 

 

Page Top