News

Race Report
2022.05.29
第3戦 決勝GT300:Studie BMW M4が見事なポール・トゥ・ウイン!2度のリード消失も影響なしの快走を披露する

第3戦 決勝GT300:Studie BMW M4が見事なポール・トゥ・ウイン!2度のリード消失も影響なしの快走を披露するの画像

第3戦 鈴鹿サーキット:決勝 GT300レビュー

2022 AUTOBACS SUPER GT第3戦『たかのこのホテル SUZUKA GT 300km RACE』の決勝レースが、5月29日(日)に三重県の鈴鹿サーキット(1周5,807m×52周)で行われた。セーフティカーが2度も導入される展開となる中、GT500クラスはNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)が、今季デビューのNissan Z GT500での初優勝を決めた。GT300クラスはNo.7 Studie BMW M4(荒聖治/近藤翼)がクラス優勝。こちらも新型車のBMW M4 GT3の初勝利となった。

 

□天候:晴れ | コース:ドライ | 気温/路面温度 スタート前(14:35)30℃/50℃>序盤(15:00)30℃/50℃>中盤(15:40)30℃/49℃>終盤(16:25)31℃/40℃、ゴール(16:45)31℃/38℃。

 

 

 

 

■7号車が好スタートでレースをリード!タイヤ無交換の5号車などが上位に浮上

 決勝レース直前の気温は30度まで上昇し、夏の陽気となった決勝日の鈴鹿。決勝前に行われた20分間のウォームアップ走行で、予選19番手だったNo.20 シェイドレーシング GR86 GT(平中克幸)がデグナーカーブ立ち上がりでスピンしてクラッシュ。マシンの破損が大きく、20号車は決勝の走行を断念した。また車両回収とガードレールの補修のため、スタート時間が遅れ、午後2時40分に決勝レースのフォーメーションラップがスタートとなった。

 決勝スタートでは、ポールポジションのNo.7 Studie BMW M4(荒聖治)が好スタートを決め、2、3番手にはNo.96 K-tunes RC F GT3、No.56 リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rが続いた。2周目にGT500クラスの車両が逆バンクでストップしたため、早くもFCY(フルコースイエロー)となった。

 リスタート後も7号車は少しずつ後続とのリードを広げていく。対して2番手以降は僅差での争いが続いていく。8周目に日立Astemoシケインで、No.18 UPGARAGE NSX GT3がブレーキトラブルからコースアウトしてクラッシュしてしまう。またGT500車両の1台もコースサイドに止まったため、今度はセーフティカー(SC)が導入された。このタイミングで、予選17位スタートのNo.52 埼玉トヨペットGB GR Supra GTなどが一度ピットインして、給油を行う作戦を採った。

 SCランによってトップ7号車のリードがなくなってしまったが、リスタート後も7号車のペースは衰えず、再び後続との差が広がっていく。そして、20周を終え7号車はピットへ入って、近藤翼に交代する。対して、No.5 マッハ車検 エアバスター MC86マッハ号やNo.52 埼玉トヨペットGB GR Supra GTが、GT300(マザーシャシー)車両規定の利点を活かしてタイヤ無交換作戦を敢行し、順位を上げる。

 

 

 

 

 

■快走のBMW M4 GT3が初優勝!56号車GT-Rが3位でランキング1位を守る

 各車が所定のピット作業が終えると、トップには元のとおり7号車が立っていた。そして2、3番手にはNo.52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT、No.5 マッハ車検 エアバスター MC86マッハ号(平木玲次)が浮上していた。さらにNo.56 リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rと、タイヤのパンクやGT500車両との接触などのトラブルがありながらもNo.88 Weibo Primez ランボルギーニ GT3が続いた。

 しかしGT500クラスが40周目に入ったタイミングで、NISSINブレーキヘアピン手前でNo.244 HACHI-ICHI GR Supra GTとGT500車両が接触してしまう。両車ともコース脇に止まったため、この決勝で2度目のセーフティカーが導入された。

 この直前、トップ7号車は2番手の52号車に7秒以上のマージンを築いていたが、これでまたもゼロとなる。だが、リスタートでもトップを守った7号車の近藤は、抜群のスピードで再度後続を引き離していく。逆に2番手の52号車は、リスタート時の日立Astemoシケインでコースアウト。これで2番手は5号車と56号車が僅差で争うことになる。さらに88号車もこの2台に接近して、三つ巴の争いとなった。

 後続の接戦を後目に、No.7 Studie BMW M4(荒聖治/近藤翼)がパーフェクトなレース運びでゴール。見事なポール・トゥ・ウインは、今季デビューのBMW M4 GT3にとっての念願の初優勝だ。さらに荒は2009年のGT500クラスでの優勝以来の、GT300クラスでの初勝利で、近藤にとっては通算2勝となった。

 2位はNo.5 マッハ車検 エアバスター MC86マッハ号(冨林勇佑/平木玲次)が守り切り、昨年の鈴鹿で表彰台を逃した悔しさを払拭した。3位はNo.56 リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)で、開幕戦岡山以来の表彰台で、ランキングトップの座をキープした。

 

 

 

 

Page Top