News

Special
2022.06.20
SUPER GTドライバーが教えます!“僕のこと、チームのこと”
第7回 No.10 TANAX GAINER GT-R/富田竜一郎

SUPER GTドライバーが教えます!“僕のこと、チームのこと”<br />第7回 No.10 TANAX GAINER GT-R/富田竜一郎の画像

SUPER GT DRIVERS Q&A! Vol.7
No.10 TANAX GAINER GT-R / Ryuichiro Tomita

「僕らGAINERの雰囲気は“和気あいあい”です」

No.10 TANAX GAINER GT-R/富田竜一郎

 

 

2022シーズンで熱いバトルを繰り広げるSUPER GTのドライバーたち。
SUPERGT.netでは2022シーズンに参戦する各ドライバーにQ&A形式のアンケートを行い、
GTドライバー本人に自身のことやチームのことを語ってもらいました。

 

第7回は、No.10 TANAX GAINER GT-Rの富田竜一郎選手です。

 

 

No.10 TANAX GAINER GT-R

 

 

Q1:モータースポーツや SUPER GT を 目指した きっかけは?

たまたま父に勧められて参戦したGT-Rのレースで、
講師として参加されていた鈴木利男さん、田中哲也さん、藤井誠暢さんに勧められて。

 

Q2:レース参戦であなたが大切にしている言葉はありますか?

誰かの1人のミスはチームみんなのミス、
誰かの成功もチームの成功。

 

Q3:レース前に必ず行う習慣やクセ、ジンクスなどはありますか?

クルマに乗り込んだら少し寝るようにしています。
集中力の向上と、緊張の緩和のため。

 

Q4:SUPER GT/JGTC で、最も印象的なレースとその理由を教えて?

2019年、第2戦富士です。
予選Q1敗退からスタートし、セカンド・スティントまでにチームメイト2人がトップ6まで上げてくれたのですが、
残念ながらルーティーンより8周早い段階で(タイヤが)バースト。
(担当の最終スティントは)燃料が保たない可能性が大きかったのですが(給油したらポイント圏外)、
チームと交信しながら燃費をマネージメントでき、最終的に8位でポイント獲得できた最高に楽しいレースでした。

 

Q5:ペアドライバー(大草りき選手)を何と呼んでいますか? 彼に愛称やあだ名などありますか?

大草くん。

 

Q6:大草りき選手のレースにおける長所、信頼できる部分を教えて?

予選一発の速さと、飲み込みの早さ。

 

Q7:あなたのチームの「雰囲気」を一言で表すと?

和気あいあい。

 

Q8:藤井一三監督の第一印象や、言われて印象に残っている言葉は?

昨年のスポット参戦(No.48 植毛ケーズフロンティア GT-R)時に、
隣のピットだった現在所属するGAINERの藤井総監督から「速くなったなぁ!」と言われたのは素直に嬉しかったです。

 

Q9:あなたがドライブするGTマシン「NISSAN GT-R NISMO GT3」の最大の長所/武器を教えてください。

GT-R GT3はフロア面積の大きさから来る強大なダウンフォースと、
全域トルクフルなエンジンが相まって高速サーキットを得意とするマシンです。
ハイスピードコーナーの速さと立ち上がりの鋭さが大きな武器だと思います。

 

Q10:あなたがドライブする「NISSAN GT-R NISMO GT3」のお気に入りの部分やパーツを教えてください。

WORKさんのホイールです。
カラーリング、デザインともに2017年の所属当時からのお気に入りです。

 

最後に、チームを応援してくれているファンにメッセージを!

久しぶりのフル参戦となった今年ですが、
既にたくさんの応援をいただき本当にありがとうございます!
第2戦の富士では不完全燃焼の優勝となっているだけに、
もう一度しっかり勝てるようにチーム全員全力でがんばりますので、
変わらぬ応援をよろしくお願い致します!

 

 

富田 竜一郎

Ryuichiro Tomita
1988年10月28日生まれ/東京都出身

 

 

 

次回の SUPER GTドライバーが教えます!“僕のこと、チームのこと”は、 No.10 TANAX GAINER GT-Rの大草りき選手です。

Page Top