News

Special
2022.08.11
SUPER GTドライバーが教えます!“僕のこと、チームのこと”
第33回 No.64 Modulo NSX-GT/伊沢拓也

SUPER GTドライバーが教えます!“僕のこと、チームのこと”<br /> 第33回 No.64 Modulo NSX-GT/伊沢拓也の画像

SUPER GT DRIVERS Q&A! Vol.33
No.64 Modulo NSX-GT / Takuya Izawa

「大津選手とは“気持ち良く一緒にレースができる!”」

No.64 Modulo NSX-GT/伊沢拓也

 

 

2022シーズンで熱いバトルを繰り広げるSUPER GTのドライバーたち。
SUPERGT.netでは2022シーズンに参戦する各ドライバーにQ&A形式のアンケートを行い、
GTドライバー本人に自身のことやチームのことを語ってもらいました。

 

第33回は、No.64 Modulo NSX-GTの伊沢拓也選手です。

 

 

No.64 Modulo NSX-GT

 

 

Q1:モータースポーツや SUPER GT を 目指した きっかけは?

父親の影響でカートを始めたのがきっかけ。

 

Q2:レース参戦であなたが大切にしている言葉はありますか?

クリーンなレースを心掛けている。

 

Q3:レース前に必ず行う習慣やクセ、ジンクスなどはありますか?

ある時から赤いグローブは使わないようにしています。

 

Q4:SUPER GT/JGTC で、最も印象的なレースとその理由を教えて?

2018年鈴鹿(第3戦)で優勝したレース。
自分の中で完璧なドライビングが出来たレースだった。

≫ レースレポートはこちらから

 

Q5:ペアドライバー(大津弘樹選手)を何と呼んでいますか? 彼に愛称やあだ名などありますか?

おおつ。

 

 

Q6:大津弘樹選手のレースにおける長所、信頼できる部分を教えて?

性格も含めて嫌だなと思う部分が、まったくない。
気持ち良く、一緒にレースができる!

 

 

Q7:あなたのチームの「雰囲気」を一言で表すと?

「名門」。

 

Q8:中嶋悟総監督の第一印象や、言われて印象に残っている言葉は?

上手くいけば褒めてくれる。
クラッシュなどネガティブな出来事で怒られた事は一度もない。
レース、勝負に対して熱い想いがある中嶋総監督の下で、レースを戦えて幸せです。

 

Q9:あなたがドライブするGTマシン「Honda NSX-GT」の最大の長所/武器を教えてください。

NSX-GTとDUNLOPとの組み合わせで、
マシンが決まった時の予選一発のスピードは誰にも負けない。

 

Q10:あなたがドライブする「Honda NSX-GT」のお気に入りの部分やパーツを教えてください。

ステアリングのボタンなどがLEDで光っているのが、
最先端を感じてお気に入り。

 

最後に、チームを応援してくれているファンにメッセージを!

いつも応援ありがとうございます。
たくさんの応援を頂きながら悔しいレースが続いています。
自分達の武器を活かしつつ、課題を克服して、1戦でも早く優勝をするため、
チーム一丸となって戦っていきます!

 

 

伊沢 拓也

Takuya Izawa
1984年6月1日生まれ/東京都出身

 

 

 

次回の SUPER GTドライバーが教えます!“僕のこと、チームのこと”は、 No.64 Modulo NSX-GTの大津弘樹です。

Page Top